Ever17 プレイ日記①


※この日記は「 Ever17 -the out of infinity- 」について書かれた日記です。
ネタバレなどが恐ろしい人は回れ右。極力ネタバレ要素は省きます。
またスクショ等が恐ろしく少ないため、文字だけです。読みにくいです。

そんなことが許せる酔狂な人のみご参照ください。
Ever17に絶賛ハマり中の不知火たかしです。

「今さらかよ!」との言葉を頂きそうですが、ハマってしまったのはしょうがない。

私は悪くない。そう、決して。
そんなわけで、2002年(←ココ重要)にKIDから発売された

「Ever17 -the out of infinity-」をプレイしてる今日この頃です。
プラットフォームは、もちろんWindowsで。
なんでも2014年に移植したとか。
プレイのきっかけは前回の記事よりご参照を。

たまたま、PCのハードディスクの奥底に眠っていたソフトです。
昔の私、さすがだ。

あ、言っときますけどちゃんと「Magino Drive」で買ったDL版です。

私は割れ厨とか言う「糞みたいな人」たちは大きっらいです。
もーほんと滅びればいいのに。
ここだけは感情を激しく燃やしてるくらい。

と、ヒートアップして愚痴愚痴呟いても仕方がないので、

 

さっさと日記にうつります。
……プレイ日記①ってタイトルに書きましたけど、シリーズ化なんてしない。きっとしない。

書きたいことを書くだけのブログだから仕方ない。こればかりは仕方ない。

さて、現在はバッドエンドを一つ見終えて二週目をちらりと始めたところです。
このどうしようもできない絶望感。そして、バッドエンドまで丁寧に作っているのは名作の予感…。

まぁ、世間では名作らしいんですけどね。それを見落としていた私の目は節穴ということ。

二週目を読んでいくと、いろいろな箇所に一週目では分からなかった謎が解けていく仕掛けは「素晴らしい」の一言です。

素晴らしい。
いろいろ一週目で分かることもあるんですが、「じゃああれは…?」っていうところもあるので、またこの感覚がいい。
と、ここまで勢いで書いてますが、そもそも「Ever17」とは、と思う方がほとんどのはず。
いや、まぁ、Ever17 の説明は未来の自分が盛大に語ってくれるはずです(丸投げ)

簡単に書きますと。

時代は2017年。
舞台は大型海洋テーマパーク「LeMU」。
設定はテーマパークに突然閉じ込められた少年少女の物語。

時代が2017年というのも割とポイント。
もう来年に迫っているわけです。来年は何かしらイベントとかやらないかな?

まだ一週目でうまく言えないのですが、現実の世界でも叶ってるものがあったりなかったり?
なんでも、ネットで調べるとかなりのネタバレ記事に遭遇するとか。
Wikipediaもネタバレの嵐という噂。決して近寄らないでおこう。
私は、今のところそういうのには遭遇していないため、新鮮な気持ちで楽しんでます。

それにしても、まさかあれがあれであれなんて……(伝わらない感想)
本作品は移植も多くされている作品らしく、(神の回避力を持つ私のネット検索力により調べてみた結果)OPを聴き比べてみてますが、
「圧倒的に一番最初がいい」というのは何故でしょうか。
Xbox360版に関しては、

……残念ながら私からはコメントができません。

というくらいなので、あまり参考にはならないかと(なんだよ、あのおかしな3Dモデリングは……)

やるならPC版、オススメです。

OP最高です。テンションとかワクワク度がハンパなく上がります。

やはりOPは「そのゲームの華」部分ですから(ゲームOP厨)
アニメOPよりもゲームOPのほうが好きな私です。
違いはいろいろあるんですけど。うまく言葉にできない良さがあるんです。
まぁ、上記ではかなり褒め倒してますが……

システム部分で欠点多いですけど。
……バックログが見れないとか、ひどすぎるでしょ……。
でも、それを差し引いても素晴らしい出来。
つぐみん攻略を狙ったつもりがバッドエンドにいくのは、何が悪かったんだろうか……ブツブツ
久々に選択肢も多くて、やりごたえのあるゲームをやってます。

現在のヒロインお気に入り度

つぐみ>>優>ココ>空 ※OPに出てくる謎の少女(沙羅)は残念ながら今回の歩いたルートでは遭遇せず。
主人公の武は、かなりのお気に入り。

好きな主人公のタイプ。

この時代だから、できたことなのかな……最近じゃ全く見ないからなぁ……。
一人でボケとツッコミができる万能人です←

Ever17

こんなロックな選択肢、今ではなかなかお目にかかれない
※命の危険に晒されているとある場面より

 

 

 

Ever17②

こういうおちゃらけたところが多いけど、勇敢なところなどが多く周りも見てる主人公。かっこいい!

 
そして、グッとくる名言が数多くでてきます。
もう私の心は鷲掴みされてしまってるわけです。
シュタゲなどの化学ADVが好きな人は100%楽しめる。
黙ってプレイしよう。

というか、そもそも、こっちのinfinityシリーズが化学ADVの祖先なんじゃ……と思ったり思わなかったり。

ルートダブルは、この作品をいろいろと継承しているイメージ。
そんなわけで最近夢中になってる作品コーナーでした。

完走しましたら、詳しく感想でも書きたい。
近いうちにサントラとボーカルコレクションを回収しなければ(使命感)

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。