2017 プレイしたゲームまとめ【Special】

年明けになりましたが、2017年も沢山の作品に触れることができました。

2016年と比べると、いろいろプレイできたと思います。
ただやはり年の後半になると何故か目に見える速度でゲームプレイ速度が落ちていくので今後の課題です。
さて、そんな2017年にプレイしたゲーム(全年齢〜R-18まで)のまとめを一人勝手にやろうという企画です。

ちなみに私の方は「2017年プレイしたゲーム」であって「2017年発売/購入したものではない」ことをご了承ください。

 

【クリア済】
・真剣で私に恋しなさいA
・かがち様お慰め奉ります- Dark night at NTR village
・ネコぱら Vol.1
・ネコぱら Vol.2
・輪舞曲Duo -夜明けのフォルテシモ- ぷにゅぷりff
・カノジョ*ステップ
・ばくあね2
・は〜とふるままん
・バルドフォースEXE
・バルドスカイ Dive1
・新妻LOVELY CATION
・グリザイアファントムトリガー Vol.1
・グリザイアファントムトリガー Vol.2
・グリザイアファントムトリガー Vol.3
・9-nine- ここのつここのかここのいろ
・光翼戦姫エクスティアA
・沙耶の唄
・景の海のアペイリア
・最果てのイマ Complete
・百奇繚乱の館
・超昂神騎エクシール
・ノラと皇女と野良猫ハート2
・Making*Loveres
・このままだと弟がテクノブレイクで死んじゃうから子作り!
・新妻こよみ
・色情教団
・きっと、澄みわたる朝色よりも、

・ダイイングライト ザ・フォロイング
・真・女神転生Ⅳ ファイナル
・東方紅輝心
・この世の果てで恋を歌う少女 YU-NO
・UNDERTALE
・空の軌跡 FC Evolution
・大逆転裁判 1 成歩堂龍之介の冒険
・うたわれるもの
・うたわれるもの 偽りの仮面
・うたわれるもの 二人の白皇

 

 

多分購入してるのはこれ以上あるんですが、積みゲーがひどいことひどいこと……。消化率に関してはまた何処かで進捗具合とか設けたほうがいいんだろうなぁ……。

さて以下の作品2017年にプレイした中でも特に印象に残った作品でしたので好き好き文章を晒したいと思います。

 

 

■真剣で私に恋しなさいA (みなとそふと)

2017年1月、なんとなく美少女ゲームのプレイにやる気が起きない状態を叩き起こしてくれた作品でした。
1〜5(+おまけ)まで収録されているパッケージ版のお得さといったら……。

Sまでで攻略したい!と思っていたあの子やこの子、その子まで攻略できちゃうという素晴らしい作品でした。
wagiさんの原画も神がかってますし最高の一品。
シナリオはどのルートも安定してアフターを楽しめる作品でした。
まぁ、FDなわけなので「エゲツない展開」だったり「驚くような展開」といったものは薄かった記憶ですが、それをこの作品には求めていませんので。

でも、どのルートもオススメなわけで、それってスゴくない?

 

 

とにかく高水準でバランスのとれた隙のない作品。

一旦、この作品で締めということらしいですが正直このまじ恋空間はとても居心地がいいので永遠に続いて欲しいくらいです。このまじこい時空に迷い込みたい。

タカヒロ×Wagiの新作も期待してます。
あとは、数年後はにちゃっかりと「まじ恋」が復活してると嬉しいなぁ。

 

 

■景の海のアペイリア (シルキーズプラス ドルチェ)

 

毎年、シルキーズプラスの作品を推してる気はしますが、2017年も最高の作品でした。

私は真面目な場面でもゲラゲラ笑える展開なら、有りな方なのでぴったり合った感じです。

いやだってバトル場面であんなことやってるんだよ?普通のゲームじゃ味わえない体験なわけでそれはもう花丸ですよ。

一転二転としていくドキドキな展開に、それを引き立たせるBGM。
キャラデザも良くとにかくMMOの服装が良い。
原画も良いところに良いものがピタリとくる。

 

ギャグとシリアスの度合いが上手く取れている逸品です。

 

カサブランカの騎士はまだプレイできてませんがプレイ予定です。
そういえばサントラ買えてなかったんだっけ。

 

 

 

■この世の果てで恋を歌う少女 YU-NO (5pb.)

リメイク版をPS4で。

ネットでは原画が云々とか声優が云々とか思い出補正の声があったようですが、今回が初めてだったので無問題。

とにかく凄かったです。
システムからテキスト、展開まで何を取っても現代とは全く引けを取らない……むしろいまだに超えることができる作品って稀じゃないのかなーとか思ったり。
時を超えても名作は名作と呼ばれるわけです。

あと豊富は許さん。お前は許さん。絶対に許さん。
でも、ちょっと興奮しちゃったのは内緒だ。
R-18だとそういう展開もみれたりするのかしら……
というかヒロインが他の男と云々というのもあるのは流石elf!と思っちゃいます。こういうのって最近ないじゃないですか。
あったとしても、こう上手い展開で……っていう「心を乱してくるようなやつ」じゃないからなんとも。
そうですよ心を乱してくるんですよ、あいつ!
ふとした時に「あぁ、ふざけやがって俺の亜由美さんを……」と思っちゃうんですよ、そういうかき乱すような展開を出せるのが本当に名作なんだろうなーって(恍惚な表情)。
NTR好きとかドMじゃないですよ?

あとは考察というか「おそらくこういうこと」なんだよね、とピースをはめていくような感覚がとても好きです。

主人公にボイスついてるそうですけど、「うん!全然イメージと違う!!」ということで開始後、即OFFにしました。
これはキャスティングした人が悪い。

 

公式サイトやらOPでネタバレ(みたいな)ものを公開してるのはよくない。この見せ方全然よくない。

私はこの作品情報シャットアウトできていた為、「そういう展開」になって新鮮に驚き楽しめました。

いや、だって最初タイトル画面に行く前の時計のくだりとか…何の伏線だ…ってなりますよ、いやほんと。

 

音楽は実は昔のピコピコ音みたいな音源がとても好き。なので特典でついてきたDLCのオリジナル版のタイトル画面とかすっげーツボ。

 

 

アニメ化も決定したらしいですけど……いや、アニメじゃ無理でしょ、これゲームのための作品でしょ……と思っちゃいます。
はてさてどうなることやら。

 

 

 

■きっと、澄みわたる朝色よりも、(Propeller)

始めたのは秋頃なのに気づけば年末最後に完走という形になりましたが、それは作品は悪くなく(他の作品に)浮気してる俺が悪いんです。

8月に行った「好きなエロゲー3つあげる」企画で二人の方が紹介されていたので気になって購入したのですが見事に私の中でカチリと合うくらい素晴らしかったです。

美少女ゲーム(R-18)のみでしたら間違いなく優勝。
そりゃあ、ひよゲーでしたけど、それでも魅力は損なわないわけで。
できればFDで他のキャラとのキャッキャウフフも見たいという欲があるわけですけど、そんなことも気にならないくらいほど素晴らしかったです。

サントラや特典ディスク付きの初回限定版本当に良いんですよ。

とにかくテキストが良い。
このテキスト本当に憧れる。
常にスクショをガシガシ撮ってるくらい良い。

曲も良いものばかり。
WHITE-LIPSさんの曲はあんまり聞いたことなかったのですが、この作品で胸にきちゃったわけです。
紅葉、本当にリピートしまくりですよ。

あとアララギちゃんの終盤のあのシーンはもう「うわぁあああ」と思いながらガシガシスクショ撮ってました。
いや、可愛すぎでしょ、頭取。太陽かよ……。

とにかく四君子が最高。本当に最高なんです……。
なんだかんだで春告が一番好きかもしれないけど。
それでもやっぱり、ひよちゃんって最高だよね、ベスト of 青山ゆかりだよね。それ言ったら他の二人(アララギ、春告)もベスト of 有栖川みや美。ベスト of さくらはづきになるわけですけど。
この作品を勧めてくれた方には感謝しかない。

 

タイミングがいいところに入るヨダさんのSDキャラがまた本当にいいわけで。

 

ちょっとした超展開がありますけど、
それでも「あぁそういうことだったんだ……」ってなるのが美少女ゲームなわけで。

 

そして、タイトルから仕掛けてあることに関しても大変Goodです。

朱門さんの他の作品がとてもやりたい。

 

 

■最果てのイマ Complete (Xuse)

私の脳では内容を半分も理解していないはずだろうけど、それでも惹かれるものがあるわけで。
そんなわけで多くは語れないけど「とにかくすげー」って感じ。

なんか胸にきた……ってものは全てスクショに取ってるのですが、割と膨大。

フルボイス版、PSP移植版だったりを買っては、結局このCompleteまで買ってプレイするという謎の行為をしております。

 

シナリオやテキストだけでなく、あらきまきさんのこういったキャラデザがスゴく好き。

キャピキャピしすぎてないキャラデザ。これ本当に好み。他に作品やってたりしないのかなぁ。

 

声優はだいたいが「Best of (声優名)」になるくらいピッタリ。

 

 

いつかまた近いうちにプレイしたときは、今よりももっと理解できるようになっていればいいな。

 

 

 

■うたわれるもの 三部作 (アクアプラス) ☆2017 不知火タカシ Best Game☆ 

 

 

すみません。一つにまとめさせて下さい。
でないと3つ全て紹介してしまうのです。

というくらい私の2017年を鮮やかに持っていきました。
過去数年の中でもダントツ。

やはりアクアプラス(Leaf)、貴方様についていこうと思います(信者目)

 

偽りの仮面、二人の白皇だけでもおそらく最高なんですけど、これに1作目の「うたわれるもの」を先にプレイしておくことでだいたいしにます。素晴らしすぎて。

 

プレイ後にサントラ、歌集、設定資料集を急いでポチっては堪能する日々。

かなり持ち上げてますけど、本当に最高なんですって、いいからまずはプレイしてみろって。

いやいや、私も思ったよ?は、エロゲじゃないのかよとかってね、いや、でも、いいから、本当にお願いだから環境があるならプレイしてください。

 

あと二人の白皇のアディショナルサントラのジャケットが尊すぎる、これ妄想していいなら「そういうこと」なんだよね。

はじめは「あぁ、ありきたりな主人公記憶喪失からの〜設定かよ」とか思っていた私をぶん殴り倒したい。
お前はなんでもっと早くこの作品をプレイしなかったのかと。
「名作でしょ? あぁ、でも後からでいいや」とか言ってる、そうそこのお前だ!

 

 

 


 

というか好きなもの紹介するのなら「良い」「最高」「素晴らしい」しかならないわけで賛辞の嵐になってるこの記事は決して悪くない。

……にしても、抜きゲの割合が年々増えてきているなぁ……とか。
時間遡行ものだったりループものをよくプレイしてるなぁとか。
確かにゲームにはそういう仕組みを上手く取り入れやすいから仕方ないし、驚くような展開も作りやすいのかもしれませんけど。

 

ちなみに一番長いプレイ時間は「メガテンⅣ FINAL」。5、6月辺りの時間はコイツで吸い込まれた。

70時間かけてメインストーリーが終わるってどういうボリュームだよ……。

 

部門別ならランクインする作品も多いんですが需要問題……。

2018年は購入を少し控えて、持ってるゲームを崩していくところから始めたいです(フラグ)

 

ではでは。