2017年8月お買い物報告会【日記】

8月も残り数えること数日。ちびっこは宿題、終わったかなー。

あと、ちびっこはこのサイトの閲覧は、今後の将来に多大な悪影響なので大人になるまで我慢すること。

 

 

ノラととショートアニメが予想以上に面白くて移植版まで購入させられそうで怖い。
円盤単品とかないのかしら?

 

恒例の月一ゲームお買い物報告会。

今月は美少女ゲームの新作はなく以下のラインナップ。

 

 

 

UNDERTALE 一周目 了。

 

チーズを見るとケツイが宿るようになりました。

 

 

PS4移植版を発売日に購入。
そして「クロスバイ対応!一度の購入で、PS4RとPS Vitaの両バージョンが手に入る!イェッフゥー!」というわけでVitaでもプレイできて、とてもお得!イェッフゥー!

 

 

1周のプレイ時間が短くとてもテンポ良いので早々に1周目をクリア。
おそらくノーマルエンド?
攻略サイト見てないので、エンド数が分からずノーマルとかは適当に言ってます。

現時点での感想。
尖りに尖った作品。
RPGなのに敵と会話やらアクションを起こしてコンタクトをとったり段幕を回避するという謎ゲーシステムそして最後は「にがす」。
何をいってるかわかんねーと思うがやってみなきゃ分からん。
LvだったりEXPだったりにアイデアを盛り込むのはおもしろい発想だなと素直に感心。
こういう固定されていた概念(?)みたいなものを違う視点というか、「私はこのように使ってみました」というのがスゴく面白い。

 

それ以外にも、有名な作品のオマージュだったりが散りばめられていたり、不思議な掛け合いが繰り広げられたりと面白いポイントは沢山ある。
というか、あんなに意味不明な会話だったりが多い中で「しっかりとした」物語が成り立っているわけで。
しかもその物語が普通にグッとくるような話なわけで。

 

 

ちなみに私は段幕系ゲームに関しては

「えーマジ初月(イージーモード)!?」
「キモーイ」
「初月(イージーモード)が許されるのは小学生までだよねー」
「キャハハハハハハ」

言われる対象になる側です(つまり下手)

 

なにせゲームのチュートリアルみたいな部分でガメオベラくらうくらいですからね、相当ですよ。

 

と言いつつも、回復アイテムやらを駆使してモンスターとのコンタクトを試みなんとかクリアまでたどり着けるレベルなので苦手な人でもなんとかなりますよ。
でも最後の方の王様はひたすらトライ&エラーを繰り返すという苦行を味わいました。

そして、よっしゃー!クリアー!と思ったら、あんな悪夢が待っているとは……。
ネタバレしないように書くのはすんごい難しいんですけど、もうとにかくメタな要素もぶち壊してくるようなやつがハンパなかったです。普通に勝ちましたけど。
とりあえず、あれだけグラフィックが気持ち悪かったです(直球)

 

 

おそらく話というかエンドの展開はいろいろありそうなので美少女ゲームの合間にちまちまと遊んでいくスタイルになりそう。

一推しはトリエルママ。
もう本当にママ。

ママーッ!!バタースコッチシナモンパイ食べたい。

 

本当にヘンテコでクセの強いモンスターばかりなのに、どのキャラも愛嬌があるという謎の魅力。

 

BGMはクセになるものばかりで大変素晴らしい。
良曲ばかり揃ってます。

これは確かに世界が絶賛するインディーゲームだなぁと一周目で確信。

インディーゲームはなかなか触れないんですけど、これは面白いなぁと。
そっちの沼にもハマりそう。

そういえばフリゲも全然遊んだことないなぁ……。
同人はエッチなものはよくDMMで買ったりしてるんですけどね。
ガッツリ、オリジナルもののノベル!としたものだったりRPGだったりとかは遊んでない気がする。
東方関係は一時期遊んでましたけど(遊んでるじゃん)

 

 

———-

 

 

■百奇繚乱の館

7月の新作を結局8月の途中で買うという。

久々にM&M氏の作品をプレイしました。
デモニオン以来……?

当時、デモニオンをプレイした時は「とてつもなくクセを持った原画の人だなぁ……正直、合わないかもしれない」とか思っていたのですが、何の因果かこの作品を購入しプレイしてみると「あれ、悪くない……むしろ良い!」という感じになってます。
人の性癖も変わるということなんですかね、昔は触手モノが好きだったのに最近はピクリともこない辺りありえる。触手大好きだったときにVenusBlood作品をしておきたかった……。

と話が脱線しかけていたので修正。

M&M氏の妖艶でエロースな感じが歳をとり、分かってきたのでしょうか。どうなのでしょうか。ちなみにデモニオンは本当に時間を絞り取られた記憶。

現在、莉理香ルートと絢ルート以外は終わったところ。

 

 

なんというか後半は、もう

 

ただのエッチな館だよこれ!

 

状態。

 

 

シナリオは1~2周目辺りが今の段階でピーク。
そのあとは、もうただのエッチな館です。

巻き返しがあるのか謎。

少し辛口で言うならば、

館モノというシリアスでミステリアスな雰囲気は充分に出ていたのに…イロイロともったいないなーとのことだけ。

個別ルート展開が似たり寄ったりすぎて、ポテンシャルを全然生かせてない。
せっかくマップ選択式とかにしているのだから、もっと展開をガラリと変えたら良かったのに。どのルートに行っても○○が……というのは本当に面白みがない。

せっかく候補が複数人いるのならば、別のキャラを立てれば……と思ったけど、それだと設定がブレるのか、なんとも勿体ない作り。

ヒロインごとにサブキャラの立ち位置が変わるくらいで本当にそれだけ。

と、言ってますけど久々(?)の館モノで割とのめり込んでプレイしてました。
陵辱要素が薄いのでもっと欲しい。

これを機にM&M氏の作品を漁ろうと思いはじめてます。何から手を付けよう。

 

 

 

■美少女万華鏡

7月の準新作組。
まだ手をつけてない。
というか前作のやつも積んでる状態。
金髪ヒロインということで購入は確定してたわけなのですが、はてさてどこでプレイしましょうか。

 

———-

 

 

■きっと、澄みわたる朝色よりも

ご存知、

影響を受けやすい人間とは私のことです。

 

前回の企画で他のブログの方が紹介していて「おっ、これは…」と思ったものをポチる。

 

 

他の人のことを知るためには、やっぱりその人が好きなものに触れてみるっていうのが大事だと思うのですよね。

気になるあの子が知りたければ、その子が好きなものに触れてみるのが一番という原理に基づく。

その作品を自分も好きになることができれば、そりゃあいいわけですし。

それは相手に対しても同じことで。
相手に自分のことをわかってもらいたいなら、自分の好きなものを教えてあげるのが一番な気もします。

ただ自分のことだけーと押しつけるのもどうかと思いますし、この辺バランス。

あと好きなものだけでその人を判断するのはいけませんし、かといって相手の好きなものに触れずに相手を判断するのもおかしな話じゃないかなとも私は思います。

まぁそれでも嗜好に関しては合う合わないは出てくる訳なので、結局はどこまで相手のことが許容できるかじゃないかなーとか。

……最後ができるなら身も蓋もねぇな。

でも、自分の好きなものを押しつけるのも違いますし、相手に押しつけるのも違う気がしますし、この辺難しいですよね人間関係。

…なんで、いきなり語り出してるのかは自分でも謎です。

と、話の脱線具合がヒドいので修正。

今年の夏は「イリヤの空、UFOの夏」が持っていってしまったので、早々と秋の何かを味わいたいと思っていた時のこれですよ、タイミングばっちりすぎて怖い。
(実は「イリヤの空~」を読み終わったのが後なので後付け感はありますが)

 

季節が秋らしいです。
季節感があり音楽が良いらしいです。
考察できるテキストに触れることができるらしいです。
あと、自販機があってみるくちー!
……?????
事前情報はこれくらい。

青山ゆかりお姉さまがメインヒロインなのかしら?

 

ぱっと見で惹かれるものがあり、(中古が安かったので)購入ぽちー。

 

……公式サイト?見てないですけど←

 

秋の時期にじっくり使ってプレイ予定。

 

これ以外にも他のブログの方の作品も気になるものばかりなので機会と(財布の)余裕を考えて回収&プレイを計画中。
既に持ってて積んでるものもありますけどね(そっちを先にやれ定期)

ではでは。