私、Twitterやめるってよ【日記】

『Twitterやめる』

信用できない言葉の一つ。

他に、
・『勉強する』
・『ダイエットする』
・『規則正しい生活をする』
等が挙げられる。

さてさて、そんなわけでTwitter断ちを目指してみます不知火タカシです。

 

と、いうのも。(以下今回の中で特に駄文な部分が続く。飛ばし推奨)

先日、所用で東京へ行く機会がありまして。

その日、泊めていただく同期の姿に驚いたからということです。
まぁ、同期は友人Mくんなのですが。

その友人Mくん、なんと帰ってきてからは真面目に机で参考書開いて勉強してるのです。
せっかくの友人(だと勝手に思ってる)不知火タカシが訪問して、夜は修学旅行の定番みたいな「おまえ、好きな人だれだよ~」談義で盛り上がろうと思ったのですが、あろうことか黙々と勉強をしていたのです。

これを見た私。
衝撃を受ける。

東京で仕事していた時は、のらりくらりと一緒にでへへへと生活してきたつもりが遠くに感じるようになりました。

あ、普通に冷め切ってる関係とかそう言うんじゃないですよ?
普通に仲いいです。いいと思います。いいと信じたいです。

で、まぁ、その姿を見て「あぁ、私は何をやってるんだ」症候群を発症したわけです。

そもそも、今までは情報を得ていただけで、それを自分のものにできていなかったし、生かすこともできていなかったわけですし。
そうして、ダラダラと時間だけを浪費していたツイッターをここらでスッパリ切ってしまうのもありかなと考えたわけです。

そのため、スマホからはツイッターアプリは削除。
頑張ってツイッター断ちしてみせます。

とりあえずアカウントは残しておいてブログ記事だけ通知させるような形態ではありますけど。

と、まぁ周りを見ればツイッターしてる人リアルであんまり居なかったりするわけですよね。
作ってもROM専とかも多いし。

私は、無駄にいろいろな場所に足を突っ込んでは、かじり続けるようなことをしてたわけです。

だからゲームのセールとかもあれば、すぐに食いついたり、他には新作の情報が出れば自分の中で選ぶというより、場の空気や流れに流されていた感じなのです。

なので、そういったものを改善し自分が必要、欲しいと思ったものを取っていくことにしていくようになるためにも修行です。

学生の頃からネットに触れてるわけだけど、ネットの中で話題とか議論した結果の中和したようなものしか受け止めずに生きてきたわけですから、自分という個が分からなくなったりしてるわけです。
いつも中立。あくまで中立。なごやか中立みたいな。
自分の感覚で受け取るべきものを、ネット越しに他の人のノイズというか感想や感覚が交わって、本当の自分の声なのかとか思っちゃうわけです。

スタンドアローンな人間になりたいわけです。
自分で動けるようなそんな人。

早い話、もっと尖りたいとかそういうことです。……うん、そうなのかな?

そういったものを断つためにも、確固とした自分というものを確立するためにも、
ここにツイッター断ちを宣言します。

戻ってくる時は、確固とした自分でいること

もし、破ってツイッターしていたら、多分この記事は非公開になってる。

というのを昨日の深夜悶々と思い浮かばせてました。

以下、独り言。飛ばすことをオススメ。

——

人は社会に、他の人につながっていたいものである。
つながりをもちたいものである。
自由になりたいと言っても、社会という制約の中で自由になりたいわけで。
画面越しの誰かとつながっていたいのである。
安心したいんだ。自分がそこにいることを。居場所をもつことを。
それは当たり前のことだし、非難するようなものじゃないと思うわけで。

自分よりも上の人がいれば下の人もいる。そういった状態を作って、枠組みの中で生きたいのだ。
否定されることや、自分の存在がいないものだと思われたくないのだ。
少しでも何かから外れるのが怖いのだ、異端扱いされるのが怖いのだ。

——

まぁ、そんな訳の分からない話を冒頭にするのは少々アレですが、いい循環になってくれることを期待して。

 

 

 

 

さて、では最近の雑記。

冒頭にも述べたとおり東京行ってきました。

久々のアーキーバー。

20161124

すぐに足が痛くなったのは、以前練り歩いた時よりも体重が増えているとか体力落ちているとかじゃない……と願いたい。

 

とらとか祖父とか彷徨き、
FGOのマテ本を買っていないことに気づき購入。

 

相変わらずの鈍器本。武器にも使え装備できる。(殴った)相手は死ぬ。

 

まだ開けていないので後でニヤニヤしながら眺めます。

※写真撮るの忘れたし、今から写すのも面倒なので略

 

落書きの資料集としても有能に活躍して欲しい。とりあえず模写するかー。

 

あと、冴えない彼女の育て方 新刊も購入。
これも後で読む。一記事かけて感想やってみたいな。

 

 

お昼は、

毎度おなじみ(?)のステーキハウスにでも行くかーと友人Kと話しながら練り歩いてましたが、行列となっていたので断念。

 

で、よくいろいろなところでお話を聞く、お肉の万世ビルに入ってみましたが、目玉が飛び出るような値段でしたので退避。あそこ怖い。

 

で、兼ねて某タントゥーさんがよく呟いていたりしていて気になっていた例のお店に突撃。

そんなわけで初・雁川。

20161124-3

牛すじチャーハンをいただきました。

チャーハンに牛すじのあんをのせるとか、それチャーハンのおいしさを損なうんじゃないの?とかタントゥーさんが呟いているのを見て思っていましたが……

本当に美味しかったんすよ……。
牛すじとろけるんすよ……
チャーハンに合うんすよ……。
オススメ。

 

 

そんなこんなでいい感じに練り歩きました。
カフェに滞在した時間の方が長かったかもしれないというのは言わないでおこう、そうしよう。

 

 

夜ご飯は定番のラーメン。にんにくブワーでうまうま。
ちゃんと歯磨きして寝ました。

20161123-7

って感じにまとまります。

 

 

次は、また当分先になるかなー。

 

 

はい、話題は変わり
今週。

Amazonプライムから逃げられなかった不知火タカシ以下の作品を見ました(見てます)。

・機動戦士ガンダムF91

・機動武闘伝Gガンダム(現在・新宿編まで)

・超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~ (TSUTAYAでレンタル)

以下、簡易感想

■機動戦士ガンダムF91

視聴動機
友人Bさんにオススメされ、またAmazonプライムで11月末までだったため。
いい感じにBさんの趣味に浸食されてるような気がしないこともない。

ちなみにガンダム知識は、ほとんどゲームからのにわか。
アニメも少しだけしかしらない。
あと、クロスボーンの漫画は何故か全部読んだ。

全体的な感想として、綺麗にまとまってるし、ガンダムのあの序盤のよく分からない設定とかがなく、すんなり入りやすい作品。
話の内容も重々しくて目を伏せてしまいそうになることもなくて、それでいて家族の関わりとか、きゅっとくるような作品。
そして作画が恐ろしい程すごい(ボキャ貧)。
これ1991年かよ…って、いいたくなる。
ヌルヌルだし、妙にリアルだし、シーブックイケメンだし、ガンダムかっこいいし。

ラフレシアは、ゲームでよくボス扱いされてたので、出てきた時は「あー、この作品で出てくるんだ……」って思いました。

質量を持つ残像って、この作品が原点なのかしら?

とにかく、初心者にオススメできるガンダム。

そりゃあ、今時のキャラデザとかではないけど、全然古くささを感じないしむしろ慣れてしまうと最近のアニメには物足りなさを感じるかもしれない。

というか、まさか、これからクロスボーンの話につながるとは……。
いや、確かに漫画でもサラッとF91について書いてあったような記憶はあるんですけど。

というか、今、手元にそのクロスボーンの漫画がないのが悔やまれる。
買い直すか……?と悩んでる今日この頃です。

鋼鉄の七人は胸をかきむしりたくなるような、そんな素晴らしい作品です。

 

 

 

■機動武闘伝Gガンダム

以下、全然Gガンダムの話はしません。

F91見終えた後に
ガンダム熱が冷めなかったので、手頃なこの作品を。
Wと悩みましたが、「そういえばGガンダムってアレンビーが出てたよな…」と思い出し、こちらを。
私の思春期に多大な影響を与えた彼女なわけです。
変な性癖を与えた張本人。

というのも、○学生の頃に親からPS1と一緒に買って貰った最初のソフトが「スーパーヒーロー作戦」というソフトでした。

思い出してネットで検索かけてみたら「クソゲー」扱いされてましたが、私の中であれは名作。

殿堂入りしていいくらいに名作です。
なんでPSstoreでアーカイブとして発売されないのか未だに訳が分からない。
話も面白いし、参戦作品の話を上手く再現してる。いたっては○学生の頃に味わったあのエンディング後のエピローグ。胸がわしづかみされるような錯覚に陥りました。
主人公の名前が最初のプレイの時「あああああ」だったのもいい思い出。
2、3周くらいした記憶あります。

あと、
バンプレストのロゴデザインのロボSRXが出てきた時の感動を私は絶対に忘れない。
SDだと、めっちゃかっこいい。

この作品に対しての愛を語るなら、とてもじゃないですが一記事では足りないくらいです。別に記事に文字数制限なんてないかもしれないわけですが。

で、クロスオーバー作品の「スーパーヒーロー作戦」。
コンパチの部類に入るのを知ったのはつい最近です。

こちらの作品にGガンダムのキャラが参戦していたわけですが、例にもれずアレンビーも出てきたわけです。

その必殺技を使う際にカットインで入るキャラの姿に心を奪われたのが私だったわけです。

全身タイツ(ファイティングスーツ)がカットインで一瞬出てくる瞬間を何度も繰り返してハァハァさせてたわけです。変態か!
○学生の分際で。

もちろん最終戦もパーティに入れてましたよ。性能がクソ雑魚なのに。

ごり押しでやってた懐かしい記憶。

で、その影響が今の私に受け継がれてるわけです。
全身ピッチリスーツとか興奮しちゃうよね的な?
対魔忍は神かよ…的な。

って、なんで、性癖カミングアウトみたいな流れになってるんですかやだー。

 

 

 

まぁ、そんなことを思い出したので、「よしGガンダムにしよう」という感じです。
丸々下心ですね本当にありがとうございました。

で、肝心のアレンビーは未だ出てこない。

東方不敗出てきてから面白さが広がってきました。

実際、ゲームやってた時は「なんやこのおっさん」ってなってましたけどね。
仲間なのか敵なのかって感じで。

…って結局スーパーヒーロー作戦の話がほとんどだったというアレ。
中身も面白いので是非ともプレイして欲しいです。
PSだけど。
リメイクして、まじで。

あれでGガンダムとガンダムWの神BGMを聞いたわけですよ。

豪華すぎるキャラクターばかりだった記憶。
ウルトラマンセブンのあの何星人だっけ?
なんかすっごいトラウマになるような話。

そもそもギルの声が割とトラウマ。

キカイダーの話とか重すぎだったし。
でも、そんなトラウマを植え付けられたような作品だから心に残るわけで。

ああいったRPG路線のクロスオーバー作品が再び出て欲しいわけですよ。

シミュレーションRPGは苦手なんですよ、あんまりやったことないんで。

スーパーロボット大戦にも手を出してみたいけど、そこが敷居の高さを感じます。
αはすごく気になってます。

うん、Gガンダムの話はどこにいった?

 

 

■超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか (TSUTAYAでレンタル)

視聴動機。
Bさんg(ry

私は、マクロスに関しても同様に知識がなく、というかガンダムより知らなかった。

今もそれほど知識あるとは言えないけど。

当時、知ってる範囲だとFがすごい人気で「ライオン」や「星間飛行」、「ノーザンクロス」「射手座☆午後九時Don’t be late」とかを知ってるくらいでした。

あと、「俺の歌を聴け」の台詞。

どう見ても、全盛期のニコニコ動画を漁ってる人ですね。

 

 

で、Bさんが大のマクロスオタで、その熱意にあたったのが私です。

ワルキューレのアルバムも実は買っちゃってたりしてるんです。
Fのアルバムもよく聞くんです。トライアングラー良すぎでしょ……。

で、最近は7を薦めていただいたんですが、その前にこっち見ときなよ的な感じで受けたのが本作。

いやー、まさか、名曲が作中でこういう理由でできたのか……ってなりました。

作画も綺麗で、鳥肌たちまくりです。特に後半のアレ。

最近の三角関係物語は生ぬるく感じるような鬼気せまるようなものを感じました。
直球で、きてるからなのかな。

丸戸さんが好きそうなやつだなーとか思ったり思わなかったり。

ミンメイちゃんが時々きまぐれオレンジ☆ロードの鮎川さんに似てるような感じを受けました。

そういえば、きまぐれオレンジ☆ロードも三角関係物語で昔の作品か……とか思った。
きまぐれオレンジ☆ロードおすすめですよ。古い作品ですが。

そもそも読もうとしたきっかけが、「冴えない彼女の育て方」の某シーンがオマージュ(?)っぽいところを、どっかの誰かさんが呟いたのが気になって突撃したわけですが。
ただの信者ですが。
でも、そうやって作品の幅が広がるのもいいことなんだろうなーとか。
実際、きまぐれオレンジ☆ロード面白かったですし。

 

話、逸れてる!!!

 

ミンメイちゃん可愛い!(強引なる話題戻し)

 

ふと思ったのは、この時期は男子キャラも女子キャラの頬を普通に叩くんだなーとかふと思ったり。
いや、最近の作品でもあるんですが、しかもどうみても偏見ですが、なんかそういうイメージある。しかも話として重い部分で。

で、世界軸が一緒なマクロスシリーズで、あれとあれがつながったりしててとかを聞くのがまた面白いです。意外なつながりが…って、なってます。

次は7ですかね。
途中まで見てますがバサラさんが、面白い。
ミレーヌちゃん可愛い。

昔のキャラデザにハマりそうです。

 

 

 

他。

なんかよくわからない物語を読んでいただきありがとうございます。

友人BさんとMくんから添削をたくさんいただきました。
感謝感謝。

ただし、私がライフポイント0になったことを知っていてなのかオーバーキルめっちゃ発動されました。悶えてました。
杏子みたいに
「もうやめて、遊戯」という言葉がなかったのはきっといい思い出。

いや、本当にありがとうございます。

どS(親切)なお二人に私はただただ頭を下げるしかないです。

もう、二人が住んでる方向に足を向けて寝ることなんてできない。

ちなみに二話は全然書けてません。いやー今週忙しかった(遊んでた)からなぁ……。
早速前回言ってたことを破る勢い。

助けて、どらえもん。

ちなみに、いただいた添削内容はまとめてします。

じゃないと先に進まないことを知ったので。

ホワイトクリスマスなんて、こっちじゃありえないよーとか思ってた時期が私にもありました。
1ヶ月前の11月のこの時期からめたくそ降るんですね。
1ヶ月後にもロマンチックなぞない。
ぎゃんさむか思いをした11月24日でした。

20161124-8

ではでは。

なんか今日の日記は無駄な部分が多い気がするけど、それを含めて日記だよねと自分の中で納得させる。