初めてのジェリコ【日記】

それは、とても甘く、疲れた身体に響き渡る痺れるような背徳感。

 

 

なかなか日記更新が定着しない今日この頃。

 

 

ゲームのプレイ進捗も停滞気味です。
それよりもAmazonプライムビデオでアニメ漁りにハマってます。
数ヶ月前にもそういう状態だったなーと思いつつ、こういうゲームプレイ時期→アニメ視聴時期というサイクルが自分の中にあるのかもと感じて、もう身を任せるようにしてます。

 

 

ちなみにゲームは
「スマガ」と「うたわれるものポータブル」を進め中。新作?そんなもんは知らん。
スマガはミラちんルート。
スピカとガーネットとの間に入るヒデオのギスギス空間がいたたまれない…。
うたわれるものPは変なおじさんに因縁ふっかけられて実は暗示でしたーとかいうところまで。
まじあのおじさん許すまじ。本当に…なんで。返してくれよ……あの人たちを……って気持ちです。
序盤からグッとくる展開多めで「あ…これ名作だ…」ってなっております。

 

 

 

先日、初めて近くのコメダ珈琲に行きました。
基本的に休日は家に引きこもりニヒニヒと口元をニヤかせ、フンスフンスと鼻息荒く、ギロギロと血走った眼でPCディスプレイを見てる私なのですが、何をトチ狂ってか公共の場で(健全用の)ノートPCと読書用の本を持ち、優雅にお茶会(参加者:一名)を開いたわけです。

 

オークの私だって(前回のネタを引きずってる)、喫茶店でノートPCを開きカタカタカタッターンに憧れるわけです。ついでにメガネクイッのオプションも付け足しておきます。
そうです、人生のうちにやってみたいランキングベスト100には必ず入るあのカタカタッターンメガネクイッです。

 

 

いや、べ、別にそれが理由で行ったわけじゃないんだけどね、勘違いしないでよねっ!

前回の記事から続いて運動は継続してるわけなんですけど、何故か身体を動かすと「あ、何か頭使ったこともしなくちゃ…」って気持ちになったわけです。本当だからねっ!_
といういつものアバウトなこの直感のもと行動をしたわけです。

何が本音なのかはさておき普段、喫茶店なんかには入らないような奴がコメダ珈琲へと出向いたわけなのです。

そして、メニューを見て「割と高いんだなぁ……」と思いつつも注文をするわけですよ。

 

 

 

……大きいんですよ。
一口では頬張り切れないようなどでかさを持つんですよ。

 

 

 

カツサンド。

カロリー絶対半端じゃなくあるやつですよ。
運動した分を全て帳消しにして尚プラスに持っていくようなボリュームでした。
そして、出来立て熱々がとても美味しかったことをここに記しておきます。

最後らへんはぶっちゃけ飽きるくらいだけど7割くらいまではめちゃうまでした。
基本、外出せずに家でスーパーで買ったものを「焼く(それ以外はノーコメント)」程度の自炊レベルなので、こういうオサレ茶店でのメニューはとても美味に感じちゃう幸せ舌なのです。

 

 

 

あと喫茶店で忘れちゃいけないのがスイーツ。
そうスイーツですよ。
飲むプリンと言われるジェリコも注文していたのです。
カロリーが半端ないやつです、間違いなく。

ジェリコ。

(予想していた考えもジェリコの味も)甘かったです。

通えば糖尿病☆まっしぐらです。

 

 

そんなわけで初めてのコメダ珈琲は至福の極みでございました。
財布はその分軽くなりましたが、「また行きたい」とは思うようになったのでおそらく通うことになるのでしょう。

ちゃ、ちゃんと勉強もしたんだからねっ!!
ただ「軽食行きました」だけじゃなくPythonの勉強もしてたりします。
すっかりSEから離れた仕事をしているので、最初は感覚を戻すところからだなーという感じで入門書の書籍を読み漁るところからやってます。

先々を考えると色々やってた方がいいよなーとか漠然と考えるようになりました結果です。

※そもそも家では勉強が捗らなくて買った参考書に埃が被るというのを何とか打破したかったという理由があったり。

※どうせなら自分が学習した内容をこのブログにアウトプットするのもありだなー。初心者感丸出しで間違えまくりなのでしょうけど。

 

 

続けていけるように頑張ろう。

喫茶店で見かけないオークがいたらおそらく私ですので優しい目で見守ってあげてください。

という久々の日記です。

 

 

 

《感想記事》
以前の感想テキストファイルが見つかったので、記載。
やっぱ目に見えるところに置いておくのがいいですよね。
整理整頓はPC内でも大切です。
できれば今後は1記事に漫画やら小説やらゲームやらの感想を1つは書きたいところ。
さて今回は以下のタイトル。

 

 

9-nine- ここのつここのかここのいろ 【感想】

 

 

 

※ネタバレ多少有り

5月上旬に
サクッと終わりましたので感想。
いつまでため込んでるんだ状態を少しでも改善。

天ちゃん可愛い!!

以上、解散!!

※今回は都ルート(?)です。

沢澤砂羽さん強い!!
ひたすらに強い!圧倒的である。
妹キャラにはそんなに萌えた覚えがない私が「くそぅ……可愛いなコイツ」となってるくらいだから相当強い。

以上、解散!!

 

いやいや他のキャラも可愛いですよ、今回はどのキャラもかなり高レベルというか水準が高い。

ヒロイン勢どの子も推せるくらい強い。ただその中で私のピンポが天ちゃんだったというお話です。

 

 

 

さて内容の方ですが、ロープラなのに割とボリュームはある方だと感じました。
※この作品の前にプレイしたグリザイアPTのシナリオ量が物足りなかっただけかもしれませんがそれはそれ。

 

演出やらシステムも力が入っていて良く、私としてはつばす絵も作品に上手くマッチしてると感じ、掛け合いなんかもキャラの表情がコロコロ変わるのを楽しみながらプレイできました。

会話のテンポの良さやらも、流石かずきふみ先生!と思うほどサクサクと進められて楽しい。

最近は泣きゲーとかシリアスゲーとかよりも掛け合いが楽しい作品を好むようになってきてるのですごくピシャリできました。程よいシリアス感も良い。

さらにその掛け合いを声優方が上手く表現していて、癒やし波動抜群。

 

 

 

ただ、ですねー……。

「なんで分割にしたのかなー……」この一言に全てが収束されるわけです。

せめてこの石化問題くらい解決して、次のエピソード(ルート)では別の問題となるエピソードが見たかったというのが本音。全然解決してないのである。

ぶっちゃけこの話だけで最後まで引っ張るつもりなんですかねー、どうなんですかねー……。
逆に次のエピソードで全く違う話の展開だと「え、石化問題……えっ?あれ?」ってなるのも困るから結局は石化問題を追いかける話になるんでしょうね。

 

 

せっかく沢山のアーティファクトが散らばったのなら、いろいろなアーティファクトを出して、それを物語の切り口として各ヒロインとの物語が見たかったなー。石化だけじゃなくて、相手を眠らせるとか、麻痺させるとかいろいろあるでしょう?(パッと思いつく状態異常がこれだけという悲しさ)

と、不満を述べるものの、不満点はそれくらいで内容は本当に面白いです。
※不満点が致命的とか言わない。

 

 

話の出だしから広がり方まで上手い。
キャラもめがっさ可愛い。
久々につばすさんのゲームをプレイしましたが、やっぱり素晴らしいですよ。

普通にバトルもの路線でもイケると思いました。バトル要素少ないけど。
というかバトル(?)はしてないような……。

アニメーションもあってお得感はありますが、アニメーション入れるくらいなら分割にせずにフルプライスでって気持ちが無きにしもあら……はい、もう言いません、しっかり完成させてください。

いや、だって、いよいよ話の佳境に入って、どうなっていくのか……というドキドキ感からのスカし感が半端なくて、もう……もう!!!

(゚Д゚)ですよ、(゚Д゚)!!

 

でも、これもいい感じに裏切ってくれたなと考えるようにしましょうそうしましょう。
とにかく、いいから早く次巻を出せ!という気持ちでいっぱいです。
最後のシーン(新キャラ?)はワクワクしちゃったわけですし。
犯人は「あのキャラ」かなと予想してましたけど、全く違うっぽいですしね。
つか解決しないのが一番のモヤモヤですよこんちくしょう。

上記では天ちゃんを限りなくプッシュしてますが、どのキャラも魅力的です。
割と、このあとの春風お嬢様と希亜の展開が気になる。

ソフィさん可愛いよクッション化やグッズ展開マダー??

そんなわけで次回以降に期待が高まります。
不満はあるものの面白いですし。
公式サイトのコンセプトはちょっと詐欺なんじゃないかなーと思わなくもないけど、一応物語はそんな感じ(どんな感じ?)で終わります。

希望としては半年くらいのペースなんだけど難しいかなどうかな……チラッチラッ
つばすさんの絵に対しての彩色の力がどれだけ必要なのか全然予想がつきませんが。

さて、そんな感じで感想文を書きましたが、
できるだけ可読性が高くなるように短くまとめるよう頑張ります……えぇ頑張ってます……頑張ってるってば!!長い目で見てください。

上では「なんで分割にしたのかなー」とか言ってますけど、ロープラくらいのボリュームだとダレずにプレイできるので私としては良い感じかもです。
でも、まぁ、多分だけど「全部入りのパーフェクト版」出るよね?
それに追加シナリオとかあるよね?
おそらく買うけどさー。

以上、感想でした。おしまい。

 

 

ブログ書く間隔が広いせいで毎回感覚が取り戻せない。やはりコツコツが正義なんでしょう。うぅ…当面の目標は一定のペースで何かをアウトプットするところからですかねー。

ではでは。