ピュア×コネクト【感想】

header_f

 

 

■はじめに

王道の学園イチャラブゲーといえばで有名な(?)

SMEEから発売されている「ピュア×コネクト」をクリアしましたので、その感想を。

プレイ動機。

DMMで夏のセールで半額になっていたので、思わずポチり。
→(からの)身体が甘いものを求めていたので即インストールスタート。
前回、なんか書いてますが、そういうところもあって・・・・・・ですかね。

ピュア×コネクトはじめました【日記】

だって、この作品未だにパッケージの値段が落ちないし、初回限定版にいたっては高値で取引されているんですぜ・・・・・・。って感じでお財布事情との相談もあり。

SMEEの作品は前作のフレラバをプレイ済み。
ちょうど一年前ほど。

恋人の友人

あれから、一年が経ったのですか、そうですか。
というかフレラバ感想記事書いてない。
そういえば、まだその頃はゲームの感想記事作ってなかったんだっけ。とか思いふけってみたり。

時間があれば過去の記憶を思い返し、書き起こしたいところですけど、はてさて。

あとは、純粋に2015年萌えゲーアワードシナリオ賞で金賞受賞ということに興味があったので。

いや、だってねぇ。このシミレーション系の恋愛ADVで金賞なんて、そんな馬鹿なことが・・・・・・。

と、思っていた時期が私にもありました。

 

 

■ストーリー

男なら当然彼女は欲しい。
ドキドキしたい。
昔から人一倍『恋』というものに憧れていた俺は、
今の漠然と時間を浪費するだけのつまらない毎日に飽き飽きしていた。

“ 俺だってエロゲみたいな恋がしてみたい”

そう言うと周りは現実を見ろだとか、俺の頭がおかしいと馬鹿にする。
だがそれが男の本音だろ?
そこに憧れるのは悪い事なのか!?

相も変わらずそんな疑問を抱える俺に、この冬ちょっとした転機が訪れる。

『あなた、私の店でバイトしてみる気ない?』

そこは大通りを一本中へ入った場所にある、女性に人気の一軒のベーカリーレストラン。
それまで自分とは無縁の世界だと思っていた場所に身を置くことで、
俺は今の日常から脱却してみようと考えた。

自分の恋には興味のない幼馴染。
仕事が恋人のお姉さん。
恋より家族が大事な女の子。
理想の相手が見つからない後輩。
恋なんてまだ先の話だと思っている年下のいとこ。

11月の中旬、ひょんなことから新しいバイト先で仕事を始めた俺は、
ついに待ちに待った自分の恋と向き合うことになった。

――公式サイト 引用

 

 

 

■プレイ時間

プレイ期間がお盆休みということもあり、ゆっくりまったりプレイ。
エロ助の平均プレイ時間と、同じ21~25時間くらいだったと。
正確には計らないので、なんとも言えないんですけどね。

共通が割と長め? といっても共通の中に少しだけ個別キャラとしてのイベントがポツポツあるといった感じ。

 

 

■キャラクター

原画は、あめとゆき 氏。

フレラバ同様、キャラが可愛く(←ココ重要)描けてます。

表情の一つにある、目のハイライト(っていうのかな・・・・・・)が、細かくキラキラ光ってるのがすっげぇ好みです。

 

私の一押しは「もえみん」こと道明寺 萌美ちゃん!

あと、支配人の志帆さん。

大変にやにやさせていただきました。

あまりのにやにやで頬が痛い・・・・・・。

 

 

あとは、立ち絵が素晴らしかったです。
服装、表情、髪型、ポーズ含めたら相当あるんじゃないでしょうか。

しかも、どれも細部まで凝ってるとこも非常にポイント高いです(何のポイントだ・・・・・・)
志帆さんや、彩里沙のコーデが割と好きだったり。

というか、志帆さんや、彩里沙の髪型がツボだった。

もえみんの中の人(新山ゆうきさん)は初めまして。(だと思います?)

割とクセのある感じなのに、そこがいい!

この路線で他の作品もないんですかね。

あまり他の作品で見ないのですが。

 

 

F12キーの服装透過パッチは非常にえっちくていけない気分になっちゃいます。

えっちなのはいいと思います!
ありがとうございます。

背景が外で、このボタンを押すとあら不思議。変態プレイが可能に!!!←

 

■舞台/世界観

前作フレラバと同じ舞台。

そのため、背景などは同じところがちらほら。

使い回し?

ノン、ノン!

そこがいいんですよ!!(力説)

昨今のエロゲは、新作で次から次へと新しい舞台や世界観とかをひっさげてくるわけですが、もっと前作というかブランドで作ったモノを大事に使うというのもありかと思うのですよ?

制服もフレラバの学生服だったりして、前作プレイ済みの人は思わずにやけちゃうような配慮もグッド。

別に前作をプレイしないと楽しめないとか、そういう要素じゃなくていいんですよ。

こういうさりげない要素が「おっ?」て思わせる良い塩梅だとか思ったり。

開発裏では「開発費を少しでも浮かせるため」とかいうオトナの世界があるのかもしれませんがその辺はどうでもいいのでパス。

 

 

■シナリオ

シナリオは、早瀬ゆう 氏。
サブにもいるんですが、ぶっちゃけどう違うのかよくわかんねーぜ。
(まぁ、一部のルートで少し呼び方に違和感あった箇所があったのでその辺り?)

SMEEブランドは前作のフレラバしかしてないので、比べるのには材料不足ですが、今回もはっちゃけていて明るい作品。

うむ、大変によろしい(謎の上から目線)

 

開始早々から、大変笑わせていただきました。
ギャグのレベルは数段上がってるような気がします。

フレラバでは、ちょっとくどさがあったように感じたのですが(それでも大笑いして楽しみました)、それよりも洗練されてきている感じです。
というか、ボケの種類(?)が学園生と大学生の違い・・・?
もしそれを考えて書き分けているといしたら、とんでもねぇーです。

個別ルートでは、口から固形砂糖がダバーッと出るレベルの甘さ。
なかなかこういう作品は味わえないので、すごく美味しかったです。

共通で笑わせて、その勢いで個別に入ってヒロインとのイチャイチャの甘さに悶絶するテンプレートを食らったのは、この私です。

胃が痛くなるようなシリアス無し。
ヒロインとのイチャイチャに特化したことに対しては右に出るのは、あんまりないんじゃないかな~と言えるくらいの完成度でした。

萌えゲーアワードでシナリオ賞金賞受賞の理由もうなずける出来映えです。

評価ポイントも納得です。

どうしても、こういった恋愛物語にはドラマ性が失われてしまい、中だるみが出てくるはずなのですが、

それをさせないテキスト、シナリオの上手さは別格です。

 

萌えゲーアワード2015シナリオ受賞ページ

 

というか、主人公のキャラが、かなり上手い(と思っていたり)。
これで女難だっただなんて。お前、実はモテてだろう、そうなんだろうレベル。

 

他のキャラが濃すぎるため、あゆみちゃんの影が薄くなりがちでしたが鍋奉行で、持って行かれました。

 

それでも、もえみんや支配人は超えられないですけどね!!(ぉ

で、プレイ後、ぐふぐふと他者の感想を求め巡回して、
どのブログやレビューサイトも考えていることは一緒か・・・となりました。

そう、このブログでも声を大にして言いましょう。

 

 

・・・・・・。

 

 

エピローグが欲しい!!!

いや、本当に上手くまとまってますけど、欲を言えば欲しかった。

 

 

 

■音楽

OP、ED最高っしたー!!

 

しもつきん、Duca様々です(どげざー)

 

 

予約購入してないことが悔やまれる。(特典のCD・・・)

というか、フレラバもですけど、ムービーがとにかくいい感じなんですよ。

出だしから、こう赤い糸が繋いでいく感じで、キャラ紹介してるところとか、もう、ね! ね!!!

サントラはよ!机バンバン

と、思い公式ページを覗くと、

・・・・・・SMEEボーカルコレクションなるものが公式通販であるけど、どうしましょう?

 

 

 

■CG

大変美味しくいただきました。
ごちそうさまです。

おっぱい比率は高め。

CGがきてほしいところできてくれたので満足です。

フレラバとセットでビジュアルファンブックなんか欲しいんですが、どうですかね?

ナイショの話ですが、和姦プレイはそこまで興奮しないアレな体質ですが、
シナリオの過程がよかったのか、こういうイチャイチャはすごく美味しかったです←
もっと「孕ませるぞ、オラァ」みたいな台詞あってもよかったですよ←ぁ

 

というか、陵辱モノ好きって、人としてどうかと思うとかいうツッコミはなしでお願いしますね。

 

■システム

メールでの好感度システム。
嫌いじゃない!

むしろ、どんな内容が返ってくるか楽しみな自分がいる!

そして、このメールみたいなやつ、私は以前にプレイしたことがある。

そう、それは・・・・・・シュタゲ。
いや、シナリオ濃度は違いますけど。
シュタゲみたいなメールを返すアイデアは逸材。

・・・・・・ただ、送って返ってきてそれで終了とか、スキップ機能が微妙なところ。
案自体はすごく良かったです。

共通長めなんですし、次の選択肢までを実装して欲しかったなーとか。

目パチは違和感なく、力の入れようが良かったです。

中と外の選択肢があるので、その後に変化があるようなシナリオだと、なお嬉しかったり?
(CG差分で変わってるところもありますけど)

いや、別に私が腹ボテックスが好きだとか、興奮するとかそういう話じゃなくてですね!(謎の言い訳)

 

 

 

 

■総評

全体的に隙の無い作りで非常に高レベルな作品。

日々の疲れを癒やすには最適な一本。
イチャイチャ特化の作品の中でも指折り。

シリアスや変化球なシナリオはないので、安心してご賞味ください。

会話のテンポも非常にいいので、いつまでも浸っていたい世界観。

 

ただ、シナリオの一転二転三転・・・・・・が好きな人には、だるいものに見えるかもしれないです。

「私は泣きゲーとか、人生観が変わるような物語がしたいんだ!」って人にはオススメはビミョーなところ。

 

 

とーりーあーえーずー・・・・・・

ファンディスクはよ!!!
カノジョステップの次にでもいいから!!!

左(スマホからだと上?)からお切りにいり順。

 

ピュア×コネクトピュア×コネクトピュア×コネクトピュア×コネクトピュア×コネクト